撒き餌おすすめを紹介!スレきったグレも釣れる魔法の配合は?

グレ釣りに撒き餌はかかせない存在です。釣り具店にはいろいろなメーカーから配合餌が発売されていますが、どれが良いのか分からない方も多いのではないでしょうか?

今回は僕が三重で今まで釣ってきて見つけたおすすめの配合餌と、おすすめの配合を紹介します。

これを使えば、スレきったグレもいつも以上に釣ることができます。

【グレパワーVSPと、おすすめの配合】

おすすめの配合餌は、マルキューから販売されている「グレパワーVSP」です。配合方法は次の通りです。

・グレパワーVSP1袋(1.8kg)

・オキアミ3kg

・海水を目分量

グレパワーVSPに初めに海水を混ぜ合わせます。水分が均一に広がるように混ぜればOKです。その後オキアミを加えてください。他の配合餌に比べて、海水の量は少なめで大丈夫です。これは餌にまとまりを持たせて、遠投性を高めるためです。

グレパワーVSPの単品使用でも効果は高いですが、同じくマルキューから販売されている「爆寄せグレ」を配合することで、さらに強い集魚性を発揮させることができます。配合もとても簡単です。

・グレパワーVSP1袋(1.8kg)

・爆寄せグレ1袋(2kg)

・オキアミ3kg

・海水を目分量

これらを一緒に配合するだけで、より特徴のある撒き餌を作ることができます。

これが一番大事!撒き餌作成の重要ポイント!!

まず配合餌だけで海水を混ぜます。大体このとき7割ぐらいの水分量で撒き餌を作成してください。

最後にオキアミを入れ形が残るようさっくりと混ぜ合わせます。

理由は、刺し餌と撒き餌のオキアミの形をできるだけ同じ状態にしたいからです。私が想像するに、グレもつぶれた撒き餌がさんざん海中を舞っている中に一つだけきれいなオキアミ(さし餌)があったら「こいつはもしや、やべーやつでもしや人間の罠なのでは?」と勘づいてしまうのでは?と考えたためです。私の想像ですが(笑)

私が考える一番いい配合が先ほど言ったような配合ですが、別の配合でも使える理論だと考えているので次1回でも試してみてはいかがでしょうか?

【VSPって何がすごいの?】

グレパワーVSPの特徴は主に3つあります。1つ目は操作性です。一般的には、餌にまとまりを持たせるために配合餌は使われます。グレパワーVSPは適度な粘りを持ち、従来の配合餌と比べてより遠くへ、そしてより深い場所まで餌が飛ぶようになっています。これまで届かなかった場所まで狙えるようになります。

2つ目は視認性です。自分が蒔いた餌がどこにあるのか見えやすいので、釣りがよりしやすくなっています。

3つ目は集魚性の高さです。グレパワーVSPには3つの特徴ある成分が含まれています。「新MP酵母」でグレを引き付け、視覚的にグレを刺激させる「M.S.P(マルキューシンクロペレット)」で集魚させ、「ウルトラバイト・アルファ」で食いを持続させることができます。

一番のポイントとしては食いが持続するような気がしたためこの餌をよく使っています。

【まとめ】

いかがでしたか?今回ご紹介した配合餌、配合餌を混ぜる理論を使えば、いつも以上に簡単にグレを釣れるようになります。配合も簡単なので、ぜひ試してみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください