おすすめフカセ釣りの杓は?もっともマキエを遠投出来る柄杓はこれだ!

竿や仕掛けとも大切ですが、フカセ釣りを左右する要素の一つにマキエがあります。マキエはポイントに正確に届かせることが必要になります。

杓はマキエをうまく飛ばすことと、エサ取りをかわすために重要な役割を果たす道具です。今回はそんなフカセ釣りにおすすめの杓をご紹介します。

DUEL TGマジック750

グリップが握りやすく軽いので、長時間の釣りでも負担になりません。値段も非常に安価で求めやすい柄杓です。杓からの餌離れも良くきちんと飛ばすことができます。

シマノ ファイアブラッド チタン遠投ヒシャク[FIRE BLOOD] SY-113P

サビに強いチタンのカップです。振り抜き時のブレが少なく、正確に飛ばすことができます。全長が73cm、80cm、85cmと3種類ありますが、身長が高くない人は柄杓を振り切れない可能性があるため73cmのものをおすすめします。

反対に身長が175cm以上あるひとでしたら80cmもしくは85㎝のものを使うのがいいと思います。

ベルモント ロングターゲット

軽くてサビにくいチタンカップのものの中でも比較的低価格の柄杓になります。45gととても軽く、水に浮きます。

フルカーボンシャフトなので、よくしなりマキエ離れも良いので、遠投することができます。

まとめ

柄杓の選び方で重要なのは自分の体に合ったものを選ぶということです。柄杓はもちろん長ければ長いほど遠投には有利となってきますが、長すぎると疲れてしまったり、振り切れなかったりといった問題が発生してしまう可能性があります。

硬いほうがコントロールはつけやすいですが、扱いにくかったり、肘が痛くなったりしてしまいます。きちんと自分に合う柄杓を探しましょう。

餌取のかわし方の記事をまた掲載させていただきますので、それも合わせてご覧いただけると嬉しいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください