フカセ釣り(磯竿)シマノでおすすめの竿をランキングで発表【2019】

フカセ釣りを初めて少し経ったがそろそろ新しい竿を買おうかなという方どういった竿を探そうか悩みますよね?

その中でもシマノの竿が欲しいという方に向けた、フカセ釣りの竿の選び方とコストパフォーマンスが高い竿を紹介します!

フカセ釣り竿(磯竿)はどういった号数を選べばいいの?

フカセ釣りの竿の号数のラインナップは基本的に0号から3号程度のものが一番多いです。

グレ釣りメインかチヌ釣りメインで釣りをするかで変わってきますのでそちらも理由も合わせて紹介します。

フカセ釣り(グレ釣り)で一番使いやすい竿の号数は?

グレ釣りの基本的な号数は1.2号から1.5号が一番使いやすいです。

それは、グレは1号以下だと合わせを入れるときに柔らかすぎて口にかけにくいからです。

1号以上であれば比較的合わせを入れやすいですし、パワーもあるので40cmぐらいのグレであれば十分ファイト出来ます。

アベレージのサイズが40cmぐらいの離島であるとかそういった場所でグレを釣る場合は2号以上の号数を上げたラインナップから選ぶといいでしょう。

シマノのフカセ釣りの竿のラインナップの中にはBG(ビックゲーム)と呼ばれるシリーズもあり、6号のものも存在しています。

私は絶対使うことないんですが(笑)

チヌ釣りの竿ではどの号数が一番使いやすいの?

チヌ釣りでは基本的な釣り方にもよって号数が変わってきます。

基本的な半誘導全遊動釣りでしたら1号から1.5号程度の竿で、沈め釣りをする場合は竿先であたりをとらなければいけないのでもっと号数の低い0号や00号~1号程度をおすすめします。

チヌの場合グレのように早合わせというよりしっかりと食い込んでチヌが反転して逃げるときに合わせを入れることが多くなると思うので、竿先で合わせを入れるというより胴で合わせることが多くなります。

そういった時に竿が堅いと外れてしまうことが多いのでグレよりも気持ち柔らかめの竿をおすすめします。

沈め釣りをする場合は竿先であたりをとることが多いので、感度の良いより柔らかい0号や00号をおすすめします。

0号であれば竿先でしっかりあたりを感じることが出来ますし、00号ではさらに高感度なので冬の喰い渋った居食いをするようなチヌのあたりも感じることが出来ます。

ただ注意するのはチヌ釣りの大会に出る場合は、0号で出場されている人は見たことありますが、00号で出場している選手は見たことないです。

私が考えるに00号だとかけてからなかなか魚が上がってこないのでチヌが散ってしまうのではないかと思います。

また

0号でも結構上がりにくいのに00号にしてしまったらとてもファイトは楽しいですが大会向けではないです。

フカセ釣り(磯竿)の長さはどの長さを選べばいいの?

フカセ釣りをするとき基本的な長さは5m30cmのものか5mのものになります。

2択しかありません。

ではどうやって選べばいいかというと、利点と難点になる部分があります。

5m30㎝の竿の利点難点

530の竿の利点は何と言ってもファイトのしやすさになります。

竿が長い分をうまく使うことによって魚が5mの竿より上手くやり取りすることが出来ます。

あともう一つは長い分遠投しやすいです。

投げるときに竿がよくしなってくれることによって軽いウキや仕掛けでもより遠くに飛ばすことが出来ます。

難点は何より、操作性が5mと比べると落ちてしまうというところです。

慣れれば全然気にならなくなりますが、530で慣れた後に500を使うと明らかに操作が楽なのをかんじます。

5mの竿の利点難点

先ほどほとんど紹介してしまいましたが、530の竿に比べて500はかなり操作性がよくなります。

仕掛けを作っているときや、仕掛けを投げる動作、竿を動かす諸々の動作が楽なので使いやすく感じます。

私は操作性重視なので基本的には500の竿を愛用しています。

500は楽です(笑)

フカセ釣りで使用する磯竿の最も使いやすい重さ

フカセ釣りで最も使いやすい重さは軽ければ軽いほど使いやすいです。

大体の平均は200gぐらいが平均になるのですが、竿って軽い方が絶対的に楽ですよね?

フカセ釣りの磯竿は基本的に高ければ軽くなっていくというものではなくて、逆に少しだけ重くなっていきます。

カーボンの含有率は変わらないのですが、シマノの場合マッスルカーボンという素材が使われているとカーボン繊維の繊維間の隙間が少なくてより強い竿になっているとのことですが、繊維間の隙間が少ないということはぎっちり詰まっているということで少し重くなるんですよね。

コンセプトは強くより高感度の素材ということで、感度が高いが、素材が詰まっている結果ちょっと重いということですね。

話が脱線しましたが、基本的に軽ければ使いやすいし、重いのは安いものか、もしくは高機能な結果ちょっと重いということです。

シマノの場合安いモデルでも結構軽いので重さはあまり気にしなくてもいいのではないかなと思います。一番安価なホリデー磯でも1.5号で自重が205gしかないので。

フカセ釣りの磯竿ランキング【Verシマノ】

現在シマノからはフカセ釣りの磯竿としてカタログに掲載されているのは全部で17本の竿になります。

その中からコストパフォーマンスの良い竿を紹介します!

【第1位】MASTERTUNE ISO

この竿のいいところを上げていくと

  • 非常に糸がらみが少ない
  • ウキの巻き込みに強い
  • 折れにくい

この三点が非常に優れている点です。

糸がらみが少ない!

まず、糸がらみがしにくいというのは理由として、シマノの上位機の竿についているXガイドとIMガイドがこの竿にはついています。

10万を超える竿と同程度のガイドは伊達じゃないです。

オールIMガイドの竿と比べてもはっきりとわかるぐらい糸がらみが少ないです。

オールIMガイドが出たときも非常に感動しましたがそれ以上の感動がありました。

釣りをしていてちょっと竿先に絡まるかな?というシーンは多いですが、この竿はそういったシーンでもなかなか糸がらみしません。

ハイパーナノコンタクトというロッドの表面に凸状の特殊塗装が施されていてその塗装によってラインに水がついていても摩擦抵抗がかなり抑えられているのでラインのべたつきが抑えられて糸がらみが少なるのも理由の一つです。

巻き込みに強い!

次にウキの巻き込みに非常に強いです。

釣りをしていて大物を掛けたとき竿先に意識が行っておらずウキまで糸を巻いているのにさらに巻き込んでしまうことがありますが、そういった時この竿は非常にしなやかに曲がり、折れるのを防いでくれます。

ちょっとした不注意で竿が折れてしまっては悲しいですが、そういった時にトラブルを回避してくれるのはありがたいですよね。

私は10万いじょうの竿も使用していますが、古い竿だと先端がしなやかにできていなかったりするので巻き込みを多くしてしまうとどれだけ高い竿といっても折れます。

この竿も大体5万円程度しますのでそんな高い竿を折ってしまったらショックが大きいですし、修理費も結構してしまいます。

釣行中に折ってしまうようなトラブルを回避してくれるっていうのはとてもありがたいことだと思います。

折れにくい!

TAFTEC α

この竿は先端にタフテックαという構造を採用しており竿先が非常にしなやかな構造をしていて巻き込みに強いという理由から先端が折れづらいです。

また、ねじれとつぶれに強いスパイラルXという構造を採用しています。

スパイラルXというのは、カーボンの方向が普通直線方向にしかなっていないのですが、このロッドは斜め方向にもカーボンが入っていることによってねじれたり、つぶれたりする力に非常に強いです。

胴にしっかりと乗ってくれる竿なので、やり取りがあまりうまくなくても魚がするする上がってきてくれるというのは嬉しいです。

私は今までかなりの竿を買ってきましたが、この竿は断トツに糸がらみが少ないので釣りをしているときのストレスが全然ないです。

チヌもグレも狙える磯竿としてはオールラウンドに対応できる竿なのでランキング1位とさせていただきました。

おすすめの号数

おすすめの号数はオールラウンドに使える1.5号をおすすめします。

チヌ釣りをメインで行きたい方は1号をおすすめします。

【第2位】BB-X SPECIAL

この竿の優れている点は、グレをかけるときの反応の良さです。

正直とても値段が高いのですが、グレを特化して考えるならこのBB-X SPECIALが一番かなと思います。

何が優れているのか?

先調子特化

磯竿は胴調子のものが多い中で先調子に特化した竿ということです。

先調子であることによって、魚をかけるときびしっとフッキングが入りやすいです。

このフッキングの良さがグレを狙うとき非常に役に立ってくれます。

グレはアタリが出てから早合わせをする魚なので、ほんとコンマ何数秒合わせが遅れてしまうと、針に違和感を感じ口から放してしまいます。

そんな時に先調子だと、合わせを入れてかけてから針に力が乗るまでがとても速いので、より早くグレに違和感を与える前に合わせを入れることが出来ます。

ズーム機能搭載!

またこの竿はズーム機能を搭載しており、磯際を狙うときは短くすることでより釣りやすくなります。

ファイト中に伸ばすのは少し練習をしなければいけないですが、慣れればなんてことはないです。

唯一デメリットがあるとするならば、この竿はチヌを掛けたときやり取りが少し難しくなるので、チヌを釣る方にはランキング1位で紹介したMASTERTUNE ISO

をおすすめします。

グレ竿に特化するならこの竿をおすすめします。

【第3位】 ADVANCE ISO

この竿の良いところは、磯竿の入門用としてとても優れている点です。

先ほど紹介した2本に比べて圧倒的に安いのが魅力です。

安いですが、折れにくい構造である、スパイラルXとタフテックが採用されているのでなかなか折れにくく強い竿になっております。

入門用として完成されている!

ちょっと上記の2つは手が出ないけど性能の良い竿が欲しいという方にお勧めします。

入門用として一番重要だと思うのが、折れない能力だと私は思います。

あまり磯竿の扱いが慣れていない初心者は本当によく竿を折ります。

どれだけ気を付けていても折っていることが多いです(笑)

価格の割にしっかり長く使える竿ということで3位です。

逆に高価格帯ではないのでガイドがテレガイドですがそれは値段相応といったところでしょう。

まとめ

いかがでしたか?シマラーの方に贈る磯竿のランキングでした。

新商品の上位モデルはさすがに値段が高すぎて軽々とおすすめできなかったですが、上位モデルも性能がいいですが、コストパフォーマンスを考えたときに、やはりこちらで紹介した竿がいいかなと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください