フカセ釣りの竿高い竿がいい?安い竿?メリットデメリットを紹介!

高い竿であるメリット

高い竿であるメリットはたくさんあります。

IMガイド

大体2万円を超えてこないと出てこないIMガイドでは非常に糸がらみがしづらくなります。沖磯に行ったときに糸が絡んで無駄な時間を過ごすのは、つまらないですよね。

タフテック

タフテックが採用されている竿は非常に柔軟性に優れており、折れやすい磯竿の先端がものにぶつけた際などにしなってくれるため破損しづらいです。

高い竿は軽い

持った瞬間わかる違いが重さでしょう。

持った瞬間大体高い竿は例外を除いて軽いです。

大体沖磯では長時間の釣りが予想されます。

その長い釣りの時間の中で、重い竿をずっと使い続けたら疲労がたまり、集中力が途切れて結果的に釣れる魚の数は激減していくでしょう。

そのためにも高い竿は軽さを搭載しているモデルが多いです。

高い磯竿であるデメリット

折れたときにダメージがデカイです。

私が初めて高価な竿を買って後悔したときは、竿先をぶち折ったときです。

私が初めて買った高価な竿であるマスターモデル口太は結構値段設定高めの商品です。治すときの修理費も値段設定高めです。当時というか今でもメーカー修理が効くのですがメーカーに出すと15000円ぐらいします。自分で同じパーツを取り寄せて修理すると12000円ほどです。

そんな高収入でない私にとって12000円の出費はかなり痛手です。

安い竿であるメリット

先ほどの話に続きますが気持ち敵に折れたときのダメージが少ないです。

また折れてしまったら修復とかを考えずにすぐ次の竿に移れるのも魅力の一つです。

コロコロ竿を変えどんな竿が自分にフィットするかがわかるので、高い竿を買う際にどういった竿が自分好みなのかを判断することが出来るようになります。

高い竿は高い竿でいろんな種類があるので先調子が好みなのか胴調子が自分は好みなのか?そういうことを判断できるようになることはある意味自分のレベルが上がったと感じることにつながるでしょう。

安い竿であるデメリット

私が一番感じる安い竿であるデメリットは、重さでもなく値段でもなく、糸がらみするという点です。

糸がらみするとそれをほどくのに時間がかかりますし、朝市の大切な時間にめちゃくちゃに絡んだ竿先を見るのは私にとって非常に耐えがたいストレスでした。

正直重さや感度などそこまで安い竿を使っているときは特段気にしていなかったのでよかったのですが、竿先が絡まったり、海水が先端についたときにウキを飛ばす飛距離が極端に短くなってしまうのは困りました。

結論で言うと安い竿であるデメリットはガイドがあまりよくない点です。

私にとって磯竿のガイドは最も重要な場所です。

まとめ

フカセ釣りの安い竿でもいい竿はたくさんありますが、高い竿には高い竿なりの装備がきちんと装備されていることが伝われば幸いです。

私は平日釣りに行けないときに、釣りのカタログを見たりするのですが、それがまた非常に楽しいんですよ(笑)

ぜひ何もない時にはカタログを見て、高い竿には何がついているかを見てみるのも楽しいのではないでしょうか?!おすすめです!(笑)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください