フカセ釣りのリールの選び方!今から選ぶ方にアドバイス!2019年度版

フカセ釣りのリールは初めにどういった号数を買えばいいのか?

まず初めに号数で迷うことが多いと思います。

これは簡単で

目安としてシマノ以外のリールは大体2500~3000番、シマノは3000~3500を買っておけば間違いないです。

大物を狙う際はダイワだと4000番以上シマノだと6000以上を使うことをおすすめします。

正直そんなにでかいのはいらないので最初に書いた方、シマノ以外は2500~3000シマノは3000~3500番を買っていただけたらよっぽど大丈夫だと思います。

通常のフカセ釣りで釣れる魚はそれで十分釣れます。

ダメなのはコブダイや離島のヒラマサ等を狙う場合ですがそういった方はここにはよっぽどいないと思います。笑

フカセ釣りのリールを選ぶ基準は?

フカセ釣りのリールを選ぶ基準は簡単です。

まず初めに先ほど書いた号数のものを選ぶこと、もう一つはレバーブレーキ付きのリールを買うことです。

レバーブレーキがないとドラグだけで魚と対峙することになりますのでかなり魚をばらしてしまうことが多くなります。私の友人に意地でもレバーブレーキを買わない人がいますが、相当数そのせいで魚をばらしてしまっているので賢い皆様にはレバーブレーキ付きをおすすめします。値段もそんなに特別変わらないのでレバーブレーキ付きが正解です。

・フカセ釣りの糸はどんな糸を使えばいいの?

とりあえず初心者の方にお勧めなのが2~3号の道糸です。そしてセミサスペンドタイプの糸をおすすめしています。理由はすれてもなかなか切れない号数であることと、セミサスペンドの糸は少し海中に糸が沈みますので風などの影響を特にラインの操作があまり上手でない方も使っていただくことが出来ます。

私が勧めているのはこちらです。

とりあえず視認性も抜群ですし、適度にしなやかさもあるので操作がしやすいです。

ライントラブルもしなやかなので軽減されているので非常に使いやすいです。

それかサンラインの商品ですが、ある程度釣りをしてきた人は操作できるかもしれませんが糸が全体的にしゃきっとしていますので慣れた人じゃないと厳しいかもしれません。

なぜしゃきっとした糸を使うのか?がそもそもわかっている人が使ったほうがいいと思います。

やっていて慣れてきたらいろいろな糸を変えてみるのも面白いと思います。

あと慣れたら号数を1.5号ぐらいまで落とすと仕掛けがなじむスピードが速くなりますので慣れた方はそちらもおすすめです。

なじむってなに?って思った方は⇒ ガン玉の使い方やおもりの段打ちの最適な方法は?潮と同調って何?

といった記事もぜひ参考にしてください。

さて、実際どんなリールがおすすめなのか?実際に販売している商品を紹介していきます。。

プロマリン(PRO MARINE)リールグレシアスピン

この価格でこの性能は本当に充分使えるなと思うレベルです。

磯釣りに必要なレバーブレーキもついていますし、初心者には間違いないリールだと思います。

こちらのリールでは30ぐらいのチヌやグレなら十分に戦えます。

回り方が若干値段相応で重いなと思うことがありますがそこは値段相応で仕方ないなと思います。

使う前にグリスアップとオイルを注油して使うことでその重さも気にならないぐらいになります。

グリスアップとオイルの注油はこちらの動画を参考にしてください

グリスとオイルのリンクも張っておきます。この商品は2つ同時に買うことが出来てなおかつかなり使い心地がいいのでお勧めです。

正直めんどくさいですがこれをやることによって1万円以上のリールの動きをしてくれるので絶対損はしないです。

また、このリール以外のリールにも使うことが出来るので道具を大事にしていきたい方には本当にお勧めします。

SHIMANO リール ラリッサC3000DXG

大体必要な機能は先ほど紹介したプロマリンのグレシアスピンとほとんど変わりませんがなぜこのリールを紹介するのか?

先ほどとのプロマリンとの違いは何よりしっかりしているところです。

やっぱり大きなメーカーの商品は個体差といいますかブレがかなり少ないです。

大メーカーだと検品をしっかりしているのでどの個体も最低限度のレベルはクリアしています。そこが一番の違いになるかなと思います。

あと、長期間使った場合やはり大メーカーの商品に軍配が上がるかなと思います。

小さいメーカーの商品だとやはり塗装が剥げるのが速かったりグリスなども初期の状態がかなり悪いことが多いですがそういったところが大メーカーにやっぱり劣ってしまうかなと感じます。

あと、違いはこちらのリールはハンドルの部分を折って収納することが出来るので持ち運びが少しコンパクトになります。

最後にもう一つ

こちらのリールのが最初に紹介したプロマリンよりも130g軽いです。結構持ってみると重量感が違うので実際に魚を釣っている時長時間になるとグレシアスピンのほうが重いかなと思います。

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 15 トーナメント ISO 2500SH-LBD

最後にこちら

トーナメント仕様のモデルです。

正直めちゃくちゃ高いので初心者向けではないですが、将来トーナメントに出たい大会出場して優勝してやるぞ!という方はこちらをおすすめします。

トーナメント仕様自体ギア比が高いのでひと巻きで巻き取れる糸の量が変わってきます。

また、このリールはかなりレバーブレーキが強いです。

レバーブレーキが軽い力でかかるので本来魚が一気に走ったときに人差し指にかなり力を入れないといけないですが、このリールは軽く指で押さえるだけでブレーキが利きます。

軽く握っただけなのに止まってくれるのでかなりやり取りが楽になります。

レバーブレーキのかかりも早いので手前で潜られたりしたときにシャッとすぐに止めることが出来ます。手前でばれるのを防ぐ利点もあります。

全体的にばらす魚が少なくなる利点と、魚を弱らすのが速くなります。

財布に都合がつく方はこちらを超おすすめします。高いけど(笑)

まとめ

どうやってフカセ釣りのリールを選べばいいのかを覚えていただけたと思います。

よっぽどこの知識を着けていけば釣り具屋さんで失敗することは無いんじゃないかなと思います。ここに紹介した商品はAmazonや楽天で買ったほうが安いことも多いのでできるだけ安い方で買ってください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください