フカセ釣りでの遠投はどうやるの?撒き餌の作り方や撒き方も考察

フカセ釣りで遠投するべき状況は?魚がなかなかつれない時には?

フカセ釣りで喰い渋っているときは何をやってもなかなかつれないものですよね、そういった時に引き出しが一つ増えると釣れる可能性もまた一つ増えるのではないでしょうか?

地形や潮の影響で近場より遠投したほうがいい状況は、釣りをしていると結構遭遇するものです。そういった時に遠投の方法を知っているだけでやれることが一つ増えます。

フカセ釣りの遠投はどうやったら釣れるのか?遠投することで魚が釣りやすくなる?

魚は基本的に私たちがいる沖磯の岸部分から、離れれば離れるほど浅く浮くのが基本になります。

ということは仕掛けをできるだけ遠投することが出来たら釣りやすくなるということです。

しかしここで問題があって、遠投すれば遠投するほど魚を釣るのが難しくなります。

言ってることが完全に矛盾していますね。笑

それはなぜか?理由は仕掛けを遠くに飛ばせば飛ばすほどコントロールが全体的に難しくなります。

もちろん撒き餌と仕掛けを同調することも難しくなりますし、仕掛けをちょうどよく立たせることも難しくなります。

せっかく遠投して浅く魚が浮いているのに、ゆっくり仕掛けを落としていくことが難しいです。

理由は遠投することで長く出た道糸を潮が引っ張ってしまうので、仕掛けを立たせることが難しくなります。

どうすれば遠投して魚を釣ることが出来るのか?具体的な方法は?

まず撒き餌の話をしましょう。これには私もずっと悩んでいた時期があり国見さんというトップトーナメンターの記事を見るまで遠投時の撒き餌と仕掛けの同調が出来ませんでした。

国見さんがおすすめしている遠投時の同調させるために打つ撒き餌の投入ポイントはこの画像のオレンジ色の部分、ウキがある場所の4隅に1投ずつ打つということです。

そうすれば4隅に打った撒き餌のどれか一つが同調してくれるという方法です。

実際に遠投した場合海中の潮の動きがわからないので、4隅に打ってどれかを合わせるという方法をとることによって潮の中の状況がどのような状況になっていても同調させることが出来ます。

実際に私が近距離中距離で渋い状況の中この方法を採用したところ釣果が上がったことがあります。

フカセ釣りの遠投の基本を押さえる

あとは基本的な方法にはなりますが、しっかりと糸ふけをとって道糸を風上においておくことが重要になります。竿先もそれに付随してしっかりと風上側に置くことが重要です。

これはやらないと、この撒き餌云々関係なく釣れる可能性が限りなく違ってきますので絶対にやってください。

フカセ釣りでPE釣法ってのが流行っているらしいけどあれは遠投用じゃないの?

はいその通りです。あの釣り方は遠投用になります詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

⇒フカセ釣りPE釣法は遠投特化です。真剣にPE釣法について考察してみた

ただし、気軽にできる方法では現時点ではないと思っているので万人向けではないですね。ここに書いてあることを試し切ってからPEをやってみても遅くないと思います。

それだけで本当に釣れるの?

正直それだけでは難しい状況は多々あると思います。遠投したら潮の流れが爆速で上潮がベルトコンベヤーのように流れている状況とか普通にありますよね。

そういった場合は私も遠投をあきらめて、逆に磯際のぎりぎりを攻めたりします。

遠投はとにかく仕掛けのコントロールが難しいのでこの方法が通じない状況があります。困ったときに時にこの手法がちょっとでも参考になればなと思います。

それでも遠投は釣りやすい

それでもやっぱり魚が浅く浮くというのは魅力になります。

近距離中距離で簡単に釣れないときに遠投したら、スッと釣れた時っていうのは結構な頻度であります。

たまには近距離中距離で戦うだけじゃなく、食いが渋った状況があったときに一つ試してみてください。意外と簡単に釣れるかもですよ!

遠投するために必要な道具は?

まず竿ですが1号以下のモデルはやめましょう。理由は明らかに1号以下の竿だと遠投しづらいです。

一応おすすめはこういった竿です。

柄杓は必ずチタンカップのものを選びましょう。餌の杓離れがやはり違うのと、軽いことによって柄杓をしっかりと振り抜くことによって遠投しやすくなります。

ウキはどういったの?

こちらのウキはMサイズでも結構しっかり飛ぶので、Lサイズを買えば撒き餌を撒ける限界までウキを飛ばすことが出来ます。

どうしても風や潮に道糸をとられてしまうので、それを考慮したおもりを積めるものにしましょう。

できればB以上のオモリを打てるものを使ったほうがしっかりと遠投しても仕掛けを立たせることが出来ます。

フカセ釣りの遠投では棒ウキも熱い

あと遠投するときは棒ウキのほうが簡単なことが多いです。おすすめは遠矢ウキの超遠投小0.8号です。

あんまり店頭で売ってないかもしれませんが頑張って探してみてください!

ネットでも売っているのでどうぞ

フカセ釣りの遠投時に撒き餌はどうするの?

グレの場合は超遠投グレをV9に混ぜてオキアミを1枚で作ったものが私的に遠投しやすいのでお勧めします。

チヌだとあまり粘りのあるタイプのものを混ぜすぎると、杓にどれだけ水を着けても杓離れが悪くて遠投できないのでチヌパワーとチヌパワースペシャルMPは混ぜない方がいいです。

おすすめはBチヌ遠投とチヌパワー激重、さなぎミンチ劇荒、つぶし切ったオキアミ1枚を混ぜて踏んで完成させるのをおすすめします。

あと初めて遠投用の撒き餌を作るときに重要なのが適当に水を混ぜないというところです。

近距離中距離だと正直撒き餌の作成をミスっても何とかなってしまいますが、遠距離用だとしっかりと水の分量を調節しないと遠投できる撒き餌の硬さをすぐ超えてしまうので、できれば遠投用の撒き餌を初めて作る際はちょっとずつ水を混ぜて実際に投げながら作成してください。

せっかく他を全部そろえていただいてもここをミスると結局近距離中距離ぐらいまでしか釣ることが出来なくなります。

まとめ

遠投は正直初心者向けではないですが沖磯で使う手札としてもっておくことが出来れば渋い時に試すことが出来るので1度はやっておくことをおすすめします。

円錐ウキより棒ウキのがチヌ釣りではおすすめします。

撒き餌を作るときは慎重に作らないと遠投を試すことがそもそもできなくなります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください