フカセ釣りのウキ下の長さは?基本的なセッティングを紹介!

初心者のころウキ下の長さってどれぐらいにしたらいいかわかりませんよね。

とりあえずネットに上がっている仕掛けの作り方等を見て同じようにしているけど、なんでその長さでウキ下の長さを調節するといいのかっていうのは、理解してきっと作ってないと思います。

フカセ釣りのウキ下の長さの基本はこれだ!

ウキ下の長さは釣りものによって変えます。

なので基本的なフカセ釣りの対象ごとに紹介します!

グレ釣りのウキ下の長さの基本

グレの基本的なウキ下の長さは2.0ヒロ(3m)~2.5ヒロ(4.2m)です。

なぜこのような長さが基本になるのか?これ以上長いと何がいけないのか?を説明させていただきます。

理由はリーダーで使っている素材が基本的に重いからです。道糸のナイロンに比べ比重が重いので水の中で沈むスピードが速いのです。

比重が重く沈むスピードが速い場合何がいけないかというと、撒き餌で撒いた餌に同調している時間が短くなるからです。撒き餌と挿し餌が同調しているときに基本的にグレは針がついている挿し餌を食べるので、できるだけ同調している時間は長い方がいいです。

そのためにはできるだけウキ下のリーダーを短くして、軽くした方が釣れる確率が上がるということになります。

逆にしっかり潮になじませたい時、潮がめちゃくちゃ早くてなかなか仕掛けが沈んでいってくれないとき、そういった時は長くとるのが正解かもしれません。

ただ基本的に同じ長さで仕掛けを作った方が自分のパターンをつかみやすいので、できるだけ同じ仕掛けでした方がいいです。

沈ませるスピードを変える際は基本的にはガン玉で調節したほうが簡単に調節することが出来ます。

ちなみになぜこの長さが基本になるか?というとグレ釣りの猛者たちが戦うグレ釣り大会で上位に入っている方のリーダーの長さの平均値を雑誌等で情報収集した結果こういった長さが一番多く一般的だと考えこういった数値になりました。

チヌ釣りのウキ下の長さの基本

次にチヌ釣りの場合のリーダーの長さを紹介します。

チヌ釣りの場合、リーダーは長めに取ります。

グレはイメージ的に漂わせて釣るという釣り方ですが、チヌは中層から底層で食ってくるので、仕掛けは基本的には沈んだ方が釣りやすいからです。

チヌ釣りではリーダーの長さを、3ヒロ(4.5m)から5ヒロ(7.5m)とるのが基本になります。なぜこの長さなのかは先ほどと同じで、釣り雑誌に掲載されているプロの仕掛けの平均値をとった結果です。

ただ問題があり、完全に仕掛けを沈ませるタイプの釣り方、全遊動沈め釣り又はズボ釣り等の釣り方をする場合、リーダーはかなり長めに6ヒロ(10m)とることが多いです。

これの理由としては、完全に底で仕掛けを同調させて誘いで食わせるタイプの釣り方になるためあんまり仕掛けを浮かしたくないという理由です。

初心者のチヌ釣りではこちらの全遊動沈め釣りのほうが釣りやすかったりします。理由は簡単最悪底に沈んだ撒き餌にちゃんと同調して、適当にやっていてもチヌが釣れる可能性があるからです。

逆に成長するのが難しい釣り方になりますが、最初の1匹を釣るためにはお勧めです。

話がそれましたが、基本的に釣り物、釣り方で長さを選んでください。

フカセ釣りのウキ下の調整方法

調整方法は先ほどもお伝えした通り、潮の流れが速い場合は長く、潮の流れが緩い場合は短くするのが基本になります。

最近はやりの0号を使った全遊動の釣り方ではガン玉を打たない場合が出てきますが、そういった時ちょっとだけ変化をガン玉を打たず出したい時はこの考え方でなじみ方を調節することが可能です。

フカセ釣りでとても渋い状況での調整方法

さてとても渋い時ウキ下の長さの調節だけでは正直厳しいです。

まず私はめちゃくちゃ重さを重たい仕掛けを使います。

5Bや0.8号、1号を使います。それによってより底の棚をダイレクトに狙います。

偏光グラスで見て明らかに浅いなというときはあまりしませんが、そこのほうにダイレクトに仕掛けを運ぶことによって何かしらの変化があるはずです。それでも釣れない場合は竿をめちゃくちゃ柔らかい0号の竿に変えて全遊動で釣ってみたりします。

要するにウキ下の長さの調節ではなかなか簡単には釣果には直結させれません。

ただ基本的な長さを知って釣ることで他のことに意識を向けることが出来ます。

実際この長さで大会に出場して優勝したりできるはずなので、今回書いた基本を忠実に守っていただければ釣れるはずです。

この長さで釣れない!となったらまず他の部分の修正をした方が釣果に直結されます。

まとめ

グレ釣りの基本的なウキ下の長さは2~3ヒロ

チヌ釣りの基本的なウキ下の長さは3~5ヒロ

沈め釣りをする場合は6ヒロ~10m

これを忠実に守っていただければ、このウキ下の部分は考えずともOKです。

この長さで釣れない場合は、ガン玉の打ち方や重さを変えたり、もしくは撒き餌の打ち方を変えたり、潮をきちんと見てポイントを選びなおしてみたりしてください。

何度も言いますが、このウキ下でよっぽど釣れます。

ぜひ参考にしてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください