フカセ釣りのライン選びをお手伝い!メーカー別の特徴を覚えましょう

この記事はおすすめのラインとメーカー別のおおざっぱな特徴を書いています。

基本的にどのメーカーもフカセ釣りに使用する際、切れやすいとか、強度が足りないとかは今売っているラインはまったくありません。

こういった点が使いやすかったり、とがった部分があるよというのを紹介しています。

ちょっと次に買うラインを悩んでる方に少しでも参考になればと思い、書かせていただきます。

私が選んだ一番おすすめのライン

このラインが現行販売している中で私が一番おすすめしているラインです。

猪熊博之さんというがまかつの大会で多くの優勝を勝ち取っているトーナメンターさんも愛用しているらいんです。

なにがこのラインの強みかというと、強度がとても優れているという点です。

正直ほかのメーカーのラインに比べてラインが見にくいことがありますが、視認性を捨ててまで強度を求めた結果、限りなく強さを求めたラインになります。

このラインはセミフロートタイプで、海面よりちょっと下にラインが来ることが特徴です。

グレ釣りやチヌ釣りで、沈みすぎなく絶妙なバランスがあり、ライン操作がとてもしやすい点が非常に気に入っています。

これを使うまで私は東レの銀鱗スーパーストロングアイサイトというラインを愛用していたのですが、1度青物がかかったときがあり、潜られた際道糸がこすれて切れてしまったことがあり、そこから強い強度を持つラインを求めた結果このラインに落ち着きました。

その結果フカセ釣りでネリゴをキャッチした際は本当にうれしかったです。

撥水性能もよく、ラインを操作する際に海水がいつまでもラインについていることがないので操作性も抜群です。

1度は試してみてほしいラインです。

メーカーごとのラインの性質

・ダイワ

ダイワのラインの特徴としてバランスの良いラインが多いです。

とがった性能はないですが、しなやかで使いやすいラインが多いです。

・シマノ

シマノのラインは正直1度しか使ったことがないですが、通常のナイロンラインよりもPEに力を入れているメーカーです。

PEでは現行一番おすすめなLIMITED PRO PE G5 サスペンドラインというPEでありながら比重の高いラインを出しているメーカーです。

飛距離を伸ばしたい時にえらんでいただきたいメーカーです。

こちらの記事で詳しく書いているので参考にしてください。

⇒フカセ釣りPE釣法は遠投特化です。真剣にPE釣法について考察してみた

・DUEL

平和卓也さんが使っているってだけで非常に使う価値のあるメーカーです。他のメーカーに比べて価格が安いのに高性能なラインを出していますので、ちょっとお金と相談したい方におすすめです。

大メーカーの安いやつを買うよりDUELのラインを選んだ方が性能がいいことがあります。

・東レ

東レのラインは比較的しなやかなラインが多いです。操作性はいいですが、当たりの出方に特徴があるので人を選ぶかもしれません。

・サンライン

サンラインの糸の特徴として比較的しゃきっとしたラインが多いです。耐久性能が高い製品が多いのでラインは一度巻いたら巻きっぱなしという方は、サンラインがおすすめかもしれません。

フカセ釣りのライン選びで一番やってはいけないこと

これに関しては1つだけ守っていただければ大丈夫です。

安いリールに付属でついているラインをそのまま使わないことです。

どれだけ安いリールをフカセ釣りで使っていただいて構わないのですが、安いリールに付属しているラインは生産時からずっと巻いてあるので、糸癖がすごい付いていますし、性能で言えばタコ糸を巻いて使っているようなレベルでひどいです。

どれだけ安いリールを使っても魚は関係なしに食いついてくれますが、糸は変えないと釣れる可能性が低くなりますので、糸だけは安くてもいいのでフカセ用の道糸を使ってください。

釣果が絶対的に変わります。

フカセのラインの視認性的に何色がいいのか?

フカセのラインの視認性は僕の感覚ですが緑色が一番見やすいです。

海の色が真みどりの時は見づらいかもしれませんが、基本的にどのような状況でも緑色のラインは視認性が高いです。

ただラインの特徴として、透明のラインが一番強度が高く、視認性を高めれば高めるほど色を入れれば入れるほど弱くなっていくというのを覚えておいてください。

視認性が高い=強度は弱いと覚えてください。

ただ現行売っているのはどれも魚を釣るに必要な強度は必ず備わっているので、透明に近いほどプラスアルファ強くなるという方が正しいです。

フカセ釣りのラインの強度は号数でどれぐらい違うのか?

私が磯で道糸何号使っているか聞くと平均で1.5号を使っている方が多いです。

1度掛けたら絶対逃がしたくないという方は2号を使っている人もいますが、号数が上がるほど基本的に仕掛けがなじむのが遅くなるのだけ覚えておいてください。

1.5号もあれば基本的にどんな状況でも道糸から強度が足りず切れるということは無いです。

初心者の方のみ2号以上をおすすめします。

理由はどうしても竿の扱い方がわからず魚が手前に寄った際のコントロールの仕方がわからずよく潜られて切れることが多いからです。

1.25号になるとなじみの良さはかなり良くなりますが、不安になってしまうことがあると思うので基本は1.5号~2号を買うのをおすすめします。

フカセ釣りのラインはセミフロートやセミサスペンドがおすすめ!

フカセのラインはフロートタイプを使う方はもちろんいらっしゃいますが、使いやすいのはセミフロートもしくはセミサスペンドタイプのラインです。

フロートタイプだと糸を綺麗に張れるのでアタリが出やすくなりますが、どうしても風の影響を多く受けてしまいます。風のない日はフロートタイプで風のある日はセミサスペンドタイプを使い分けてもいいと思います。

初心者の方はスプールを2つ持って使い分けるということをよっぽどしないと思うので、最初からセミフロートかセミサスペンドタイプを購入するのをおすすめします。

PEラインはフカセ釣りに使えるか?

シマノの紹介で少し触れましたが、PEラインは遠投性能が抜群なのですが取り扱いが少し面倒になります。フカセ釣りに初めて触れる方は絶対にお勧めしません。

こういった釣り方がしたいんだ!というようになってから使用するのをおすすめします。

PEラインについてはこちらの記事を参考にしてください。

⇒フカセ釣りPE釣法は遠投特化です。真剣にPE釣法について考察してみた

ラインのメンテナンスの話

最後にラインのメンテナンスの話になりますが、基本的にリールのドラグをぎちぎちに締めて冷たい水で洗ってください。ぬるま湯で洗ってしまうとリールのグリスが溶けてしまうのでおすすめしません。

あと使用後は先端から何メートルかを切っていただいた方がいいです。

どうしても糸癖がついていたり、伸びていたりしますので思い切って切ってしまってください。

そうやって切っていき、残りの長さが少なくなったら買い替え時だと思ってください。

もちろんリールにずっと巻いていた状態で使用頻度が少ないと巻き癖がついていきますので、半年以上放置したラインは思い切って買い替えていただいた方がいいです。

ラインの操作とがしやすいのとライントラブルが少なくなるので釣りが楽しくなります。

まとめ

ざっくりメーカーごとの紹介と私のおすすめを紹介させていただきました。

どこのメーカーも特色があり、自分の欲しい性能を持ったメーカーを選ぶ手助けになれば幸いです。

最後にこれだけ再度お伝えしたいです。

 

 

 

 

 

 

付属品のラインはゴミなので捨てること。

ここまで読んでいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください