フカセ釣りでイソメを使うと何が釣れるの?【大会ではNG】

フカセ釣りで皆さんイソメ使ったことありますか?私は初心者のころフカセ釣りで何も魚が釣れなかった時、どうしても魚が欲しい時イソメを使っていました。

フカセ釣りでは少し恥ずかしい釣り方ですが1匹でも魚が欲しい時には有効な釣り方じゃないかなと思います。

生餌自体が大会では使用不可のためなかなか生餌を使うことは無いですが、ウキにアタリが出る感覚をつかむためには完璧になしではないのかなと思います。

アタリの感覚をつかんだらあまり推奨はしませんが、ネタの一つとしてやってみるのも楽しいでしょう!そんなタブーとされる釣り方のやり方と意外な対象魚を紹介します!

フカセ釣りでイソメを使うと釣れる対象魚

対象魚として狙える魚は、

  • クロダイ
  • メバル
  • カサゴ
  • アジ
  • キジハタ
  • アイナメ

やはりアオイソメ系統の餌を使うと根魚系が多く釣れます。

延べ竿等で狙う魚と大体似たりの魚を狙うことが出来ます。

究極を言ってしまえばフカセ釣りでも釣れる魚が釣れます。

何故それでもフカセ釣りでイソメを使うのか?

やはりボウズ逃れの意味合いが強くなり、1匹でも魚が狙いたい時、もしくは、フカセ釣りであたりの感覚を掴みたい時にイソメを使うのが正しいイソメの使い方だと思います。

どれぐらい釣れるのか?

沖磯で使う場合ほぼ確実に魚を釣ることが出来ます。

どんなに渋い時でも餌は確実にきれいさっぱりなくなって帰ってくるでしょう。

一番釣れるのはフグがやはり多いですが、次点で根魚が釣れてきます。

カワハギ等が見えている場合ウキ下を50センチぐらいにして針をカワハギ用もしくはキス用の針に変えると、見えているカワハギが狙えて楽しいですよ!

イシダイをフカセ釣りで狙う場合にこの虫エサが効く!

イシダイをフカセ釣りで狙う場合、アオイソメの代わりにマムシと呼ばれるにおいのキツイ餌を使うことでイシダイが釣れる可能性が高くなります。

もしくはストロー虫と呼ばれるこれもまたにおいのキツイ虫エサですがとてもよく釣れます。

私の横で釣っている方がイシダイをマムシで狙っており試しにフカセ釣りでも釣れないかと試したところ、40cmのイシダイが上がったことがあります。

たまたま周りもとても釣れている状況だったのでよかったのかもしれませんが、石鯛を狙うとなったら有効な釣り方だと思います。

フカセ釣りでイソメを使う時のポイント

フカセ釣りでイソメを使う時は外道の多さに応じてアオイソメの長さを変えましょう。

外道が多くかかってくるときやエサがすぐ取られてしまうときは、アオイソメを短くして、何もかかってこないときやエサが全然取られないときはアオイソメを長くしましょう。

そうすることによって魚が餌に食いつくのを調節することが出来ます。

フカセ釣りでイソメを使う際の仕掛けは?

フカセ釣りでイソメを使う時の仕掛けは全遊動がいいのではないかなと思います。あたりの出方を見たいという方は半誘導で狙っていただければいいのですが、全遊動にすることによって、根魚が釣れる可能性がかなり高くなります。

全遊動でなおかつ、オモリをかなり重たい5B等の重さにすることによって確実に挿餌を底に届けることが出来ます。

半誘導で狙ってしまうとどうしてもカワハギや、キタマクラなどのフグ類が釣れてしまいます。明確に狙っている場合は別ですが、基本的に根魚はその名の通り底周辺にいるので上層を突破して欲しいはずです。

半誘導でも挿餌から20センチ程度の部分に5Bを打てば底に刺し餌が届き、釣れる可能性がありますが、全遊動であれば確実に底に刺し餌が届きます。

なぜフカセ釣りの大会で禁止されているの?

明確にこういった理由で禁止ですとは各メーカーの大会規定に書かれてはいないのですが、ほぼすべて磯釣りの大会で生餌は禁止されています。

考えられる理由としては、釣り餌の選択能力より釣りの技術的能力で競ってほしいからではないでしょうか?

生餌は撒き餌のワークの仕方とか仕掛けの流し方関係なく釣れてしまうことがあります。

釣ったではなく釣れてしまったということが多発します。

そういった偶発的な要素ではなく、実際の技術が優れているかで大会の主催者側も競ってほしいのではないかなと思います。

生餌が使用可能な大会は無いの?

私が調べたところないです。マルキュー、シマノ、ダイワ、がまかつ等の主要な大会では基本的に禁止されています。

非常にローカルな個人団体で主催している大会では使用可能かもしれませんが、一般的な大会では虫エサ及び貝類の餌は禁止されています。死んでいる貝の殻は認められています。

フカセ釣りで生餌を使うことはタブーなのか?

個人で趣味や楽しみのために生餌を使うことはタブーでも何でもなく、沖磯で使っても全く問題ありません。

しかし、大会で使うことが出来ないためタブーと考える人がいるのでしょう。沖磯等でとやかく言ってくる年配の方がもしかしたらいるかもしれませんが、趣味でやっているだけなのでOKです。気にせず釣りましょう。

まとめ

アオイソメを使うと根魚が狙える。

マムシを使うとイシダイが狙える。

外道が多い時はアオイソメをカットして短くして使用する。

使うときは大会以外で使用する。

以上です!楽しいフカセライフを!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください