フカセ釣りPE釣法は遠投特化です。真剣にPE釣法について考察してみた

フカセ釣りのPE釣法は釣れるのか?

結論としていってしまうと釣れるがとても難しい、面倒です。

何故難しいのか?

PEじたいに糸の伸縮がほとんどなく、魚を掛けた瞬間一気に魚は潜るためその衝撃を吸収しきれずバレることが多いからです。

また仕掛けの作成方法も面倒で普段道糸、リーダー、その先に針という仕掛けでフカセ釣りをしていることが多いと思いますが、それにプラスしてショックリーダーというのを足さなければいけないからです。

メーカーはドラグでそれを調節してくださいと書いてあったりしますが、何のためのレバーブレーキかもう一度考えてください。ドラグガンガン出したらレバーブレーキの意味ないですよね。

ただえさえリーダと道糸を結ぶのは面倒なのにそれをもう1回追加でしなければいけないというのはとても大変です。

正直この工程がなければ使ってもいいかなと思うのですがこの結ぶのが1回増えるというのがいやすぎて私はもう普段の釣りでPEの採用をしていないです。

またたるみを出したときにリールを回すとライントラブルが多発しました。

ラインを人差し指と中指で軽く挟んでリールを回すことによってラインがちゃんと巻き取られない現象は無くなったのですが正直毎回これをやるのは苦痛です。

PEのフカセ釣りはなぜそれでもプッシュされているのか?

あるシュチエーションだと釣りやすいかなと思うときがあります。それは、遠投させた時です。遠投するとあたりはどうしてもとり辛くなりますが特に遠投して沈め釣りをした際はアタリがかなり明確に出るので有効だなと感じました。

例えば大会の場所が防波堤などで、横一列でみんな並んで戦わないといけない際はPEの沈め釣りでの戦い方は、他の釣り人が狙えないポイントを狙うことが出来るので有効なのではないかと感じました。

フカセ釣りはPEのがいい!と若干思ったことについて

アタリが明確で糸の伸縮がないのがやり取りで大変ですがその分一気に糸が出る感じが楽しめるのでゲームフィッシングとしてのフカセ釣りの楽しさは上がる気がします。

アタリが出たときのおおっ!

って感じが

そんなに行く?そんなに行く?まじ!?!?!?おお!!!!って感じになります。

雰囲気だけでも伝わってくれると幸いです。

よく飛びます。糸と糸との摩擦が少ないのと糸自体がかなり細いので遠投しやすいです。やっぱりこう考えるとPEの糸は遠投用なんだなと感じます。

フカセ釣りでPEの利点を最大に生かし切れる設定

ここまでだいぶネガティブなことを書きましたが、遠投という点では私も考えるところがあります。また、最近会ったがまかつのグレの大会でもPE釣法で決勝戦にのし上がった方がいると聞いてナイロンに確実に負ける釣法ではなくデメリットに打ち勝ち使い方によっては最強にもなりうる釣り方なのではないかとも思います。

ということで遠投という私が唯一認める部分でどういう風に設定していったら一番釣りやすいかを考察していきます。

フカセ釣りのPE釣法を真剣に考えた

まずPEラインはこちらのラインを使います。

フカセ専用のPEラインです。なぜこちらを使うのかというと一言でいうと張りがあるからです。

フカセ釣りなのである程度操作していくにあたり絶対に張りがあった方が扱いやすいです。初期に出ていたフカセ釣りようPEとは全然使いやすさが違います。

竿は鱗海マスターチューン等のXガイドが搭載されているモデルを使ってください。

それか、IMガイドが搭載されているモデルじゃないととてもじゃないが竿先に糸がらみしまくって使い物になりません。必須です。

そして、ナイロンのショックリーダー1.5~2号ぐらいのリーダーを着けてください。

そして先端はいつも使っているようなリーダーを着けてください。

あと有名な大地昭さんがやっていて私も採用したのが、サルカンでPEとナイロンのリーダーを結ぶ方法です。

こうすることによってPEとショックリーダーのナイロンを結ぶのがはるかに早くなります。

もともとルアーフィッシングなどでPEとショックリーダーのフロロカーボンのリーダーを結んでいた方には楽なのかもしれませんが、私はルアーフィッシングをそこまで真剣にやっていなかったのでいつも電車結びでごまかしていました。

しかしサルカンという文明の利器を使うことによって最速でリーダーとPEを結ぶことが可能になりました。ありがとう大地昭さん。

最後にウキ

さて、最後のウキなのですが、正直通す穴が1mm以上のウキでしたら何でもいいような気がします。そんなに試していないのですが、細い穴のものより大きめの穴のがなじむのが速い気がします。糸はけのよい浮きなら何でもいいのではないでしょうか?

フカセ釣りPE釣法に必要なすべてのものがそろいました

これであなたも立派なPE釣法使いです。あとは現場で試行錯誤していくしかないかと思います。

まとめ

PE釣法は私が使ったところ遠投用だと感じました。それは糸が飛ぶことも、アタリが出やすいというメリットの部分で出した結論です。しかしデメリットも確かにあるので、遠投以外の近距離中距離で魚を狙う際はまだまだナイロンラインのほうが優れているのではないでしょうか?

アタリの出方が鋭い当たりの出方が出るので釣りのゲーム性は増します。

ただ普段の磯での釣りでは少々面倒なのと、普通に今までの釣り方になれている私たちは厳しいのではないかと思います。

逆に新規で新しくフカセ釣りをする人は、これが当たり前なのだと、はじめからやっていたらベテランの人に釣果で勝る瞬間があるのではないでしょうか?

新しい釣り方は新しい人に・・・そんなキャッチコピーを思いつきました。以上です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください